スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩荷訓練モドキ

2008.08.18 *Mon
7月下旬から完全休日が無く、13日は久し振りの休日。が、掃除・洗濯・髪切りで一日が終わった。昨日は月一度の日曜休み。久し振りに山歩きと思ったら、 天気予報は曇り。でも前線が南関東にどっしり居座っている天気図からして、 私的予報では雨。 という訳で(何時もながら何がどう言う訳なのか・・)、 取り合えず直ぐ下山出来る御岳山に、レンゲショウマ見物に行く事にした。 とは言ってもケーブルで登るのもつまらないので、 雨でも歩けそうな古里から丹三郎を登り、鳩ノ巣へ下山の予定とし、 人もすなるというボッカ訓練という物を我もすなんと、 35リットルにシュラフと水を積めて、15kgとしてみた。御岳であまり大きなリュック背負っていると恥ずかしいし、 軽量を旨とすべしと言う家訓(そんなの無いが)に従い、 16kg?以上背負った事もないしィ 。嗚呼、雨・雨・雨の一日でした。写真は古里駅から登山口への途中にある丹三郎屋敷。蕎麦が美味しいらしいです。下山した人達が入って行きました。ところで、この時点で13:00。まあ、御岳だからいいか。登山口。左の立派なのはトイレと休憩所。このコースは良く整備された登山道で、 下の方は整備された杉林、上部では自然林も出てきて、 御岳には鳩ノ巣コースより早く楽に登れる様です。それにしても、登山口より既に雨。そして登るに連れて雨脚は増し・・・、 登山口から大塚山までは1時間半。大塚山の東屋に着く頃には、本降り。レンゲショウマの咲く富士見峰園地への登山道は 沢状態。レンゲショウマ群生地では土砂降り。雷なんぞも薬味に少々。ここまでは涼しくて歩き易いなあなぞと、雨具も着ずに傘差して歩いてきましたが、 さすがに寒く雨具の上着を着込む。もうこの時点で3時。気分も萎え、大楢峠までは歩いた事の無い道なので、 無難に表参道(簡易舗装)を下る事に、軟弱変更。御岳駅まで1時間。登山靴で15kg弱の荷で、舗装道路小走りは、 腰に悪い。ところで、すれ違った古里へ下山する登山者の傘利用率は、 95%以上。歩き易い道なので、皆傘を持って歩いていましたよ。傘を使ってなかったのは一人だけ。その人は雨具も着てなかったし。御岳山は東京都だからね。埼玉ではやってはいけません・・・ か?
CATEGORY :
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © REI auf der Erde All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。