スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛騨高山

2008.09.04 *Thu
夜行急行能登は女性車両が付いている。乗車率は50%位。隣の席も使い、ゆったり寝て行けた。前回富山に行った時は、満席の夜行バス。斜め後はバス中に響き渡る鼾の老人。後は一寸背もたれを倒すと、直ぐ椅子に蹴りを入れてくる切れた若者。(自分の席は最大リクライニングにしてるくせに) 最悪のバスで、二度と乗る事は無いと決心。それに比べ、今回は天国。他の車両はさらにガラガラだった様なので、 この列車が無くならない様、皆さーん、 この夜行急行「能登」を利用しましょう!!! 富山駅は朝5;45頃着。あまり早く着いても高山の観光案内所が開いていないので、 富山の町を歩いて暇つぶし。朝市やってました。高山までは奮発して特急飛騨。展望車両です。高山着9:30頃。ところで、車内で携帯の宿予約サイトを発見。普段携帯を使わないので、こんな便利な機能を知らなかった。「じゃらん」の携帯サイト。9月1日の富山の宿を検索したら、 あった!!! ビジネスホテル。1泊6,600円。場所は・・・、ちょっと駅から歩くけど、朝ほど散歩したので見当は着く。早速、予約。超ラッキー 後で、言われましたが、余程運が良かった様です。高山でもこのじゃらんで紹介されていたビジネスホテルに宿泊。ふふふ、出だし絶好調の旅。高山は・・・、まあ、楽しいですね。見所は沢山あるけど、狭い町なので適当に歩き回るのが良い。外人さんが多いです。何故か車椅子の観光客も多かった。お昼はガイドブックに載っていた蕎麦屋さん。手打ちのぶっかけ蕎麦。味は・・・。蕎麦がボロボロ切れちゃうのよねえ。蕎麦湯は美味しかったけど・・・。とても良い天気で暑かったので、 美味しかったのはこの冷凍みかん串。後に見える飛騨牛の握りや、牛串が手軽に味わえる名物らしいです。(特別出演のおじさんは蝋人形ではありません。) 飛騨牛のステーキは手が出ませんが、牛串はお手頃価格。町中で一串500円。駅の近くの一本入った露地にあったお店は一本\300で、 ちゃんと飛騨牛のお墨付き。注文してから目の前で焼いてくれて、 美味しかったです。午後は郊外の飛騨の里へ。1月に行った房総の里と良く似ています。高山郊外の丘の上に、各地から移築した合掌造りの立派な建物が 点在しています。少し標高が高いためか、日向は融けそうなほど暑いですが、 日陰で風に当たっていると、とても涼しい。住むには良い所かも・・・。この施設は17:00まで。でもここから町に戻るバスは16:50が最終。回りのレストランや土産物屋も全て17:00まで。このバスを逃すと、大変。お気をつけ下さい。
CATEGORY :
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © REI auf der Erde All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。