スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陣馬街道~北高尾山稜行ったり来たり ? そして最終目的は焼きそば

2008.12.22 *Mon
12月21日(日) 陣馬高原下9:45 ? 底沢峠10:40 ? 堂所山 ? 三本松(611m)11:40 ? 関場バス停12:45 ? 夕焼け小焼け13:20 ? 三本松14:55 ?堂所山?底沢峠16:05 ? 底沢16:50 ? 相模湖駅秋に北高尾山稜に行った時に、三本松に北から上がって来る登山者を見た。三本松は落葉樹の気持ちの良い所で、赤テープのあるこの踏み跡がずーっと気になっていた。仕事も掃除も毎年、年越しですが、遊びはどうにか年内に片す事が出来ました。尚、このコースは一般登山道ではありません。標識もありませんし、かなり急な部分もありますので、自己責任で判断・行動できる人以外は入らないで下さい。 と一応書いておこう。北高尾山稜の関場峠の東のピーク、三本松はこんな自然林の綺麗な所です。入り口には赤テープがあります。今年の夏のタワ尾根では、調べもしないまま下り大失敗をしたので、今回は地形図をしっかり見て、下れそうな尾根にあてを付けたが、テープもあるので、基本的には踏み跡を追う事とした。またネットの検索で、この山稜の北側を精力的に歩いている人のサイトを見つけ、2本の尾根を使い三本松に登り返し、検索中に見つけた相模湖駅前のハイカー御用達のかどや食堂を最終目的地とした。下りは幾つかの分岐があるが、比較的なだらかと思われる、528m峰尾根を下る事とした。 結果から言えば、これが大正解。直進する北土代林道に平行する尾根は大変な尾根でした。三本松から下ると直に植林帯となり、急な斜面を下る。528m峰の尾根に進むには、標高570m辺りで尾根を外れ左側に下る。左手の潅木の赤テープを見逃さない様、落ち込む様な急斜面を下る。これを見逃すと急な下りの尾根(今回登りに使った)となり、大変な事になりますので、要注意。少し上り返して550m辺りで左手に尾根があるが、踏み跡通り右手に進み、直ぐに528m峰。 ここは倒木だらけ。480m辺りで再度左手に尾根を見送り、明確な登山道を右に下る。この辺りから明確な登山道となり、落ち葉の中をドンドン下る。途中鉄塔を潜るので、これが所謂東電の巡視路というものだろうか。 植林と落葉樹の中をドンドン下り、常緑樹の狭い尾根になる。道はどこまでも忠実に尾根を追い、泣きが入る狭い・狭い尾根を案下川に掛かる橋に降り立つ。橋を渡り陣馬街道。 右手に進み、関場バス亭。続く
CATEGORY :
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © REI auf der Erde All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。