スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土偶展

2010.02.22 *Mon
東京国立博物館で昨日まで開催されていた
土偶展に行ってきました。
RIMG2531c.jpg


RIMG2534c.jpg
最終日なのでこの行列。 入場制限で30分待ちでした。(クリックで拡大)
日本人はこんなに土偶が好きだったのね。
まあ、私も土偶は専門外だったけどね。

RIMG2535c.jpg
東博にはこんな門もあったのですね。 白梅が満開でした。


COMMENT (4)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Re: 土偶??
いっきさん、ご無沙汰しております。
精力的に雪の奥多摩を歩いていらっしゃる様子を読み逃げしておりまして、申し訳ありません。
こちらは1月、2月は殆ど丸一日休みという事がなく、たまの休みもグウタラと過ごしてしまい、お山から遠ざかっております。

この日もどうしようかと思ったのですが、展示の最終日だったので東博にしました。
いっきさんも縄文時代がお好きですか?
私は学生時代の専攻は縄文時代なのですが、土偶は専門外だし、足を洗って数十年なので、
知らない事も多く面白かったですよ。
縄文時代は約1万年もの長い時間なので、時代差・地域差があり、色々な姿がありますね。
個人的にはこの展示は美術品としての性格に重きを置きすぎている感があり、
もう少し歴史的説明もあった方が良いと思いました。

で、考古学なのですが、日本では歴史学の一部門なので、ちっとも間違っていませんよ。
松本清張は考古学は歴史学では無いと何かの本に書いていましたが、考古学は遺跡や遺物で歴史を研究する学問で、文書(字)の無い時代から文書に書かれていない歴史を掘り起こす事が出来ます。
幕末も当然考古学の対象時代で、同級生は幕末の馬の墓を掘ったら臭かったと言ってました。
(米国では人類学分野らしいですが)

山梨や長野は縄文時代中期にとても栄えた地域なので、土偶や土器の優れた物が多いです。
あちらの山に行かれる事があれば、地域の博物館に寄ってみて下さい。

2010/02/27(土) 15:51:15 | URL | REI #- [Edit
土偶??
こんばんは
土偶を見に行ったんですか 
土偶もいろんな顔が有り
色っぽいものもあり 
面白いですよね~
私も見に行きたかったな。
その時代と 幕末から明治大正の頃の
歴史が大好きだったりします。
考古学の分野と史学の分野で違っているけど汗
2010/02/26(金) 22:25:20 | URL | いっき #- [Edit
Re: わーっ、素敵です\(^O^)/
nmzkさん、名古屋は博物館はあるのでしょうか?
今調べたら、東博だけの展示だった様です。 http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=A01&processId=02&event_id=6908

京都も奈良もありませんでした。
これだけの価値のある土偶が一堂に揃うのは珍しいのでしょうね。
でも現地の博物館でご覧になってるのなら、それの方が良いかもしれません。
やっぱり環境と一緒に体感出来る方が良い。
展示自体も美術品としての価値に重きが置かれていた様で、
もう少し考古学的(歴史的)説明が欲しかったかな。
地域・時代特徴、地域間の影響とか。 マニアック過ぎる要求かな。
2010/02/23(火) 19:55:27 | URL | REI #- [Edit
わーっ、素敵です\(^O^)/
青森と長野で縄文時代の土偶を観たことが有りますe-343
名古屋でも開催しないかなぁ~v-292
2010/02/22(月) 22:06:59 | URL | nmzk #Wh5SkbOM [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © REI auf der Erde All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。