スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畦ヶ丸

2009.10.19 *Mon
2009年10月18日 (日) 

西丹沢 畦ヶ丸1,292.6m

西丹沢自然教室 10:30 - 善六ノタワ12:15-20 -畦ヶ丸山頂13:20 - 避難小屋13:30-50 - 大滝峠上14:35 - 一軒屋避難小屋15:15-20 - 大滝橋バス停16:10

月1回の日曜休日。 天気も良く西丹沢の畦ヶ丸に行ってきました。
畦ヶ丸は数年前の5月に体調不良で撤退した山。 山頂目指して登れなかった唯一の山なので、やっとリベンジしてきました。 でもきつかった。 

西丹沢自然教室はバスが着くと職員の方が迎えてくれて、山に付いても色々と教えてくれます。
トイレや登山道の最新情報があり、登山の準備をするのに最適の場所です。
ただ外に水場が無かったので、中の職員用の水道を使わせてくれました。

さて、登山届けを出して出発。 桧洞丸へとは反対側の橋を渡って、川原を行きます。
RIMG1792.jpg RIMG1793.jpg
橋を渡って振り返る         広い川原で、ブナ立尾根への登山道と似た感じ
 
1時間弱、何度も沢を渡って川原を行きますが、岩と砂の登山道は足跡が錯綜し、標識は比較的沢山ありますが、道を間違えない様に神経を使う歩き難い登山道で結構疲れる。
やっと登山道が尾根に乗ると、急な登りが続きますが道は良く整備され、途中には休憩台もあり、じっくり登り着くのが善六ノタワ。
RIMG1798.jpg RIMG1801.jpg
景色が開けた休憩台           標高1,000m位から紅葉も始まる

RIMG1800.jpg  RIMG1802.jpg
善六ノタワの少し先の休憩台で休憩。 一回大きく下ってから、ブナ林の中をゆるゆると気持ちの良い登山道を登って行きます。
丹沢は急で荒れた登山道が多いという印象ですが、急な所は丹沢に多い写真の様な梯子や階段で整備され、急な登りが多い山ですが難しい所の無い歩き易い山でした。

RIMG1805.jpg     RIMG1807.jpg
ブナ林の気持ちの良い登山道 

何度が小さなアップダウンがあり、最後は畦ヶ丸山頂への急登。
トレーニングをサボっている鈍った体は、肺も足も悲鳴を上げる。 ここで10人程のグループが下ってくるが、苦しくて挨拶意外言葉が出ない。 無愛想で失礼致しました。
やっと登りついた山頂は展望が無い。 10分程下った避難小屋でお昼。
RIMG1809.jpg  RIMG1811.jpg 薪ストーブ
ここが山頂? 展望は無し        避難小屋は居心地が良さそう。

ここで淺川から登って来たという男性と会う。 登山口が8:30で、避難小屋が13:30。
速い! 下山は西丹沢という事でしたが、帰りのバスでは見かけなかったので、白石峠まで行ったのかもしれません。

避難小屋からは一旦急だけれど階段状で歩き易い下りの後は、再びゆるゆると気持ちの良い下りが続きます。 こちら側の登山道は荒れた丹沢の登山道のイメージと違い、岩も無い黒土の登山道でとても歩き易い。 
RIMG1814.jpg   RIMG1819.jpg
紅葉が綺麗!               藤?が絡み付いて一体化した木。 苦しい?

大滝峠上(峠はどこ?)からは山腹の道をジグザグに下ります。 峠上まで高度が250m位しか下がらなかったので、さぞかし急な下りが待っているだろうと思っていたのですが、ジグザクでザレてもおらず、奥多摩の登山道より余程下り易い。
20分程下ると沢に出る。 ここから一軒屋避難小屋までがまた川原の判り難い道。
テープが少なく何度か間違った足跡を追ってしまうが、直ぐに行き止まりで一寸戻って登山道を確認。
GPSを持って行ったので心配は有りませんでしたが、暗くなったらかなり危ない道ですね。

RIMG1828.jpg 小屋の中はこんな。

小屋からは沢を離れて山腹の登山道をドンドン下り、最後は林道を15分程でバス停。
5時過ぎのバスを予定していたのですが、1本前の4時27分のバスに乗れて、
今回はお日様と競う事も無く終わりました。

今回は直前に脹脛を痛めていたので心配だったのと、久しく履いていない登山靴(最近殆どモントレイルのトレランシューズ)を使う目的で、ハイカットの登山靴を使いました。
ローカットシューズだと1時間もしない登りで脹脛がパンパンになってしまうのですが、
ハイカット登山靴の今回は、心配だった脹脛は全く問題無し。
靴に拠っていかに登り方(足の筋肉の使い方)が違うかという事ですね。
ローカットの場合は意識して腿を使う様にしても、脹脛で蹴りを入れる登り方になっているのでしょう。
ソールの硬い登山靴だとそれは出来ないので、自然に腿を上げた登りになる。
その分、トレーニング不足の鈍った足は、大腿四等筋が登りで既にプルプルしてました。
幸いに下りがとても歩き易い道だったので、筋肉痛にもならず済みましたが、
暑さと疲れで胃の調子が悪くなりました。 
と言っても夕食も食後のお八つもしっかり食べたんですけどね。



    







CATEGORY : 山歩き
THEME : 登山・ハイキング
GENRE : 旅行
COMMENT (18)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

はい、噂で聞いて山の帰りに寄った事があります。
一寸変わったおじさんで、それこそ相性が合うかどうかでしょうか。 
店の登山では、ソールの柔らかい靴で、皆、問題無く歩けると言っていました。

靴も使う場所、荷物、使う人に力量で変わりますよね。
以前取り上げた伊東という登山インストラクター?とか名乗っている人は、どこでも安いジョギングシューズで歩けると言っていますが、私は無条件に誰でも運動靴で良いというのは危険だと思います。
MINMINさんならどこでもトレランシューズで大丈夫でしょうが、やはりテント山行などは、きちんとしたソールの靴の方が安心して歩けるますよね。
良い靴が見つかると良いですね。
2009/10/24(土) 14:47:43 | URL | REI #Q0/G/4Qc [Edit
三鷹のむさしの山荘にいらしたことがあるんですね! あそこは隣町ぐらいなので簡単にいける場所なのですが、実は土日がほとんど山に行っているようでお店がお休み。だから、2,3回しか行ったことないかな? もともと高田馬場のかもしかに勤めていた方が独立したような・・・・

たしかに、あのお店は小屋泊の中高年登山という感じの人が多そうですね。知人はあのお店の常連さんです。

こうやって靴のことを考えると、まじになんとかしなくちゃなあ・・・
2009/10/23(金) 20:32:32 | URL | MINMIN #195Lvy4Y [Edit
登山靴
MINMINさん、そういえば、ブログに張り替えた事が書いてありましtね。
確かに相性が悪かったのかもしれませんね。
柔らかいアッパーに硬いソールだと履き難くくなかったのでしょうか?
私の前のガルモントも、ソールに対してアッパーが柔らかいと言われました。 (そんなにアッパー柔らかい感じでもなかったんですけど)

それ以前もソール固めの登山靴しか履いた事がなかったのですが、柔らかなトレランシューズを履くと、岩場では(ほんの簡単な一般登山道に大きな岩があるだけですが)ソールは柔らかい方が岩の角を捕らえやすいと思う様になりました。
MININさん、三鷹のむさしの山荘を御存知ですか? あそこでは柔らかいローバーの靴を進められます。
荷の重さが重要ですよね。 多分、むさしの山荘でも荷が軽い小屋泊りを前提としているのでしょうが、私もそうですから、ハイカットでトレランシューズより少しソールが固めだけど、今使っているより柔らかめを試してみたいと思っています。

でも、今の靴があるからねえ・・。
しっかりしたソールはやはり安定感がありますから。

2009/10/23(金) 14:31:17 | URL | REI #Q0/G/4Qc [Edit
剥離した登山靴はローバーの底が柔らかいタイプのものでした。これはネパールのトレッキングを目的としたものだったからです。

それが終わって3年ぐらいした時ぐらいに、西穂奥穂の縦走に行くのに、もっと硬いソールの方が好きなので、硬いビルラムソールに張り替えました。

結果として、やわらかい上物に固めのソールは相性が悪いので剥離の原因を呼び込んだ部分もあると思います。だけど、靴は本当に好みなので、なんとも言えませんね。私はわざわざ登山靴を履いていく場合はそれなりの岩場か荷物が重たい時なので、ソールは柔らかいのは怖いです。

西丹沢、私もできれば年内にもう一回行こうかな・・・・
2009/10/22(木) 20:46:40 | URL | MINMIN #195Lvy4Y [Edit
西丹沢
西丹沢ー道志は行き難いですよね。

この前の丹沢は主稜1日縦走だったのですよね?
その時は何時のバスだったのでしょう。
私は自然教室10:10頃だったので、職員さんに殆どの登山者は2本位前のバスだと言われてしまいました。 それでも5時前に起きてるので、西丹沢は大変です。 でも、良い感じの山域で、私も犬越路避難小屋に泊ってみたいです。

登山靴は上手に歩ける人なら、運動靴で充分だと思います。 私は下りのザレが苦手なので、登山靴だとやはりグリップ力が違う様に思います。
ただ、私の登山靴はソールがかなりしっかりしているので、岩っぽい所はむしろソールが柔らかい靴の方が歩き易い様に最近は感じています。
MINMINさんの様に力量があって、スピードを求める場合は、トレランシューズが良いですよね。
MINMINさんの登山靴は、写真を拝見すると、比較的ソールの柔らかいローバー?の様なので、私もそういう靴を試してみたいと思っています。
まあ、何を履いても今はトレーニング不足、実践不足のダメダメ状態なので、一緒かもしれませんが。

2009/10/22(木) 16:05:55 | URL | REI #Q0/G/4Qc [Edit
静かな西丹沢の山歩き、いい感じですね。2つの避難小屋があって、本当はこういうところに水を一杯持って上がってとまったりすると思い白いでしょうね。

私はこの山と犬越路?のあたりを前から行こう行こうと思いつつ、まだいけておらず。朝一のバスがポイントですね。なかなか寝坊するのがネックで(苦笑) ところで、登山靴の威力、やっぱりそうなのか・・・・と感心して読んでみました。私は壊れた軽登山靴の次をまだ購入していないので、しばらくトレラン靴で歩かざるをえないです。
2009/10/21(水) 19:29:01 | URL | MINMIN #195Lvy4Y [Edit
食べたい・・
ZAPさん、情報をありがとうございます。
丹沢でも鹿の駆除目的の狩猟をしているのですね。
どこも鹿が増えすぎて、自然のバランスが崩れているので、ある程度は仕方ないと思います。

先月、お客様から勧められて、食べる為に狩猟をしている人の本を読みました。
獲るのも大変ですが、ZAPさんが書かれている様に、血抜きが重要らしいですね。
殺したものは、せめて奪った命を無駄にしない様、
食べられるものは食べ、毛皮も使ってやるのが作法だと思いますが、血抜きや臭み取りとか処理が大変らしいですね。
ヨーロッパでは秋は鹿肉のシーズンで、美味しいのにもったいないです。

千葉ではサルと間違えて人が撃たれましたので、
狩猟期間は怖いです。
2009/10/21(水) 15:07:03 | URL | REI #Q0/G/4Qc [Edit
丹沢の狩猟日程
こんばんは。

丹沢では、現在シカの適正分布?の為狩猟を行っています。

http://www.mirokuyamanokai.org/tanzawa/tanzawajouhou/2009/kanrihokakunittei2009.pdf

動物愛護のためにどうなのかという話と、
自然保護のためにどうなのかという話が
あると思いますが、
とりあえず鉄砲の音が聞こえることが多くなりました。

本来は射止めたら直ぐに血抜きをして
人間の用に足りるようにするのが筋でしょうが、
捕獲(間引き)したのを確認するため
血抜きもせずに持ち帰るので
そのまま埋めてしまうことが多いようなので
なんだか地球的にもったいないような気もします。

決して、県の行政を否定しているわけでは
ありませんが・・・

取りあえず私を間違えて撃たないで欲しいなあ
2009/10/20(火) 22:25:55 | URL | ZAP #- [Edit
変化に富んだ登山道
釋護法さん、こんにちは!
畦ヶ丸はお気に入りですか。 
山頂はちょっと「あれれ?」でしたが、登山道は変化があって面白いですね。
特に大滝方面が良い感じでしたが、確かに逆だと時間があれば滝で遊べますね。
でも、大滝橋からだとダラダラ長くて、これも足に堪えそうです。
西丹沢は表側と雰囲気が違いそうなので、もっと色々と行ってみたいですが、足の便が悪いので残念です。
この日も同じバスの乗客は皆、桧洞丸への登山者で、会ったのは単独男性2人と団体さんだけでした。
静かで良かったです。
2009/10/20(火) 17:24:47 | URL | REI #Q0/G/4Qc [Edit
いっきさん、コメントをありがとうございます。

丹沢の滝? 
このコースにも下棚と本棚という大きな滝があります。
前回は二つとも寄ったので、今回はパスし写真がありません。
沢は全く判りませんが、滝がお好きないっきさんには、自然教室から畦ヶ丸はお勧めです。

帰りのバスから、猟犬を乗せた軽トラを見たので、
丹沢でも狩猟しているのかもしれません。

2009/10/20(火) 17:15:42 | URL | REI #Q0/G/4Qc [Edit
山も仕事も
山も仕事も精力的にこなしていらっしゃいますね。
西丹沢はZAPさんは沢山歩かれてますよね。
私はやっと西丹沢に手を付けた(足を着けた?)所です。 道志方面へ歩く所が沢山あって魅力的です。

大滝峠、ありがとうございます。 昔の峠道が残っているなら、これも歩いてみたいものです。
一軒屋避難小屋からの道は、桟道が多いですが、歩き易く気持ちの良い道でした。
車道のある谷で隔たった、桧洞丸と畦ヶ丸は全く感じが違いますね。 西丹沢は私が持っていた丹沢のイメージと違う様です。
もう少し足の便が良ければ、もっと歩いてみたい地域ですが、なかなかキツイですね。 (苦笑)
もっとも分水嶺とは比べ物にはならないですけど。
面白い企画ですね。


2009/10/20(火) 17:09:59 | URL | REI #Q0/G/4Qc [Edit
山頂?
クレソン坊やさん、
ハイ、私もガイドブックに展望無しとあったのですが、「ええ、ここが山頂?」と思いました。
なんか、急坂を我慢して登ったわりには、はっきりしない感じの山頂ですね。
避難小屋から下った所で富士山が見えるらしいのですが、気付かずに下ばかり見て歩いてしまいました。
桧洞の方がブナが多く、丹沢らしい感じがしますが、この山は歩き易いので気に入りました。
機会があれば、道志方面へ抜けてみたいものです。

私もなかなか時間と天気が合わず、月1登山がやっとです。 
忘年山行はうーんと楽しんで下さいね。
2009/10/20(火) 17:02:50 | URL | REI #- [Edit
やっぱり登山靴
nmzkさん、こんにちは!
今日もお休みですか?

下りが歩き易かったので、いつものトレランシューズでも大丈夫だったかもしれませんが、やっぱり登山靴だと安心して歩けますね。
でも久し振りなので、最初は足首が自由にならず、歩き難かったんですけど。

nmzkさんの東京出張レポート2は、御茶ノ水から広尾まで歩いたのかと思って驚きましたが、
電車だった様ですね。
東京の夜を楽しまれた様で、出張もたまには良いですね。
2009/10/20(火) 16:56:23 | URL | REI #Q0/G/4Qc [Edit
懐かしい~
畦が丸は大好きな山のひとつなんです。真夏は流石に避けてましたが、四季を問わず遊びに行ってました。帰りのバスに始発地で乗りたいので、REIさんのとられたコースと逆に歩くことが多かったです。
帰りに、滝の方に寄っていくこともできますし。

ここのシロヤシオもお勧め・・・でしたが、今はどうんんでしょう。シロヤシオの規模は檜洞丸ほどではないですが、人が少なく快適に歩けました。
2009/10/20(火) 08:25:08 | URL | 釋護法 #PY9qpgMQ [Edit
お疲れ!!
丹沢は 某沢に滝を見に行っただけで
山は まだ一つも
どこかデビューにいいところ 無いかな??
2009/10/20(火) 06:20:54 | URL | いっき #- [Edit
お疲れ様でした。
おはようございます。
畦ヶ丸、お疲れ様でした。

大滝峠は大滝峠上から尾根を少し南に行ったところにあって、
昔は地蔵平から中川に抜ける道がありました。

私は一軒家避難小屋から大滝橋までの道が
いかにも渓谷っぽくて大好きです。
2009/10/20(火) 05:55:42 | URL | ZAP #- [Edit
こんばんは。
丹沢はそろそろ紅葉ですか。
小生は来月いっぱいまでは山に行けそうにありません。結局忘年会登山かな、と思っています。
畦ヶ丸、2度ほど登りました。一度目は霧雨だったので、次は快晴のときと決意し、よく晴れた日に登りました。するときつい割りに展望がないので、がっかり。それ以来登ることがありません(笑)。
2009/10/19(月) 22:01:51 | URL | クレソン坊や #- [Edit
紅葉が素敵\(^O^)/
ハイカット登山靴を選んで正解でしたねv-290
展望が今一でしたが、紅葉が綺麗で好かったですe-343
ゆっくりお休み下さいe-261
2009/10/19(月) 22:01:08 | URL | nmzk #Wh5SkbOM [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © REI auf der Erde All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。