スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥多摩 棒ノ折山

2009.09.21 *Mon
2009年9月20日(日) 晴れ

御嶽駅11:42 - 惣岳山12:47-13:05 - 岩茸石山13:35-40 - 黒山15:08-15 - 棒ノ折山15:50-16:10 - 奥茶屋登山口17:10 - 川井駅18:10 

気持ちの良い秋晴れの日曜日。 久し振りの丸1日休日でしかも晴れ。
今年の夏も仕事と天候の都合でどこも行かずなので、こちらも久し振りの山歩き。
リハビリ登山でのんびり何処かを歩こうと思ったけれど、
前日夜帰ったのが11時過ぎ。 朝早く出る程の気力も無いので、
駅から歩ける所という事で、奥多摩入門コースの高水三山の一角から棒ノ折山へのコースへ。
例によって出発が遅い。 良い子はマネしないでね。

惣岳山は初心者向けコースの一部だけれど、高水三山でもこの山は本当に初心者に向いているのかいつも疑問。 御嶽からオーバーユースで荒れた急な登り。 下って来る人の半数は普通の運動靴で、年配者も子供もいて、もう少し登山道は整備した方がいいんでないの?
RIMG1439.jpg   RIMG1441.jpg
途中の杉の大木の洞には仏像+?が数個。 右は真名井天神の水場。
岩茸石山までは流石に奥多摩の人気コース。 最近増えたと言われる若い人達が目に付きました。
皆さんオシャレ! 気になったので、二人連れのお嬢さん達に、どうして山登りしてるのか聞いてみましたら、流行だからとアウトドアの服装がおしゃれになったから、という回答。
確かに、皆さん、オシャレ! ただね、ユニフォームみたいに、ノースフェースを着てるのね。
まあ、オシャレな若者が山に増えるのは良い事。 

惣岳山さんからは一寸した岩場を下ります。
ここで逞しい親子に遭遇。 お父さんは赤ちゃんを負ぶって1年生位の男の子を、お母さんは幼稚園生位の女の子を連れて、登って行きました。
この日あった、一番の若手
RIMG1443.jpg 凄いクライマーになれるかな?

岩茸石山からこれから歩く棒ノ折山への展望。
右はこの穴から棒ノ折が見えます。 この手の穴は、浅間尾根でもありました。面白いですね。
RIMG1448.jpg    RIMG1451.jpg

棒ノ折山への縦走路は、山頂から一旦大きく下り、アップダウンを繰り返しながら、
黒山に到ります。  一寸驚いたのが、このコースで思ってた以上に多くの人達に会った事。
人気コースなんですね。 登山道も惣岳山への道より、むしろこちらの方が歩き易く整備されてます。
RIMG1458.jpg 黒山から棒ノ折山へはこんな整備された所も。
黒山手前で山慣れた感じの女性単独に会い、お互いに遅い時間で苦笑。
この人で出会うのは最後かと思ったら、黒山過ぎた所で、これから南下する男性!
一寸見では余り慣れた感じではない。 時間も既に15:30。 男性だからコースタイムは切れるのかなあ。  棒ノ折の直下でも埼玉側に下山するハイカー数名に会いましたが、埼玉側は結構整備されているはずだけれど、それにしても2時間近くはかかるはず。 林道でも出来たのかな?

棒ノ折山頂は当然誰もおらず、結局忙しく歩いたリハビリ?登山を優雅なハイキングにすべく、
最後はコーヒータイム。 山でのコーヒーは美味しいな。 
昨日は暑い位の陽気でしたが、空気が乾燥していて、日光の山々まで見えました。
RIMG1464.jpg  RIMG1470.jpg

ホリデーパスを買ったので、下山はJRの駅川井駅へ。
奥茶屋までは植林の急な下りで、暑くて参りました。
駅までテクテク歩いて、暗くなる頃駅に着きました。 何も無い駅なのね。
久し振りの山歩きで、適度に疲れて、まあまあの1日でした。
CATEGORY : 山歩き
COMMENT (7)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

雑誌は酷い
本屋で見つけた、「男の隠れ家」という雑誌11月号が「週末は山へ」という特集を組んでいました。
MINMINさんが言われる様に、アウトドアブームを作り出しているのは確かだと思います。

ここ数年30代女性が山で増えたと言われていて(F1とかいう世代ですか?)、この世代が団塊世代と合わせ、流行を作り上げる核になるのではないでしょうか。
山歩きは健康的で、エコロジーだし、不景気な時期には流行り易いのではないでしょうか。
山小屋等が流行を作り出すほど、影響力があるどうかは判りませんし、若い女性は結婚・出産がありますから、ターゲットとしては、あまり効率は良くないと思うので、登山業界より、
マスコミ・ファッション業界がマラソン等と合わせ、ブームを作り上げている気がします。
トムラウシの様な大きな遭難があったのに、煽るばかりの雑誌は、本当に危険だと思います。

でも、私の様なヘタレは、苦しさや困難があれば、直ぐ辞めます。 トレランもランも、楽しさを感じなくなったので辞めちゃいました。 
私の山歩きも今や風前の灯状態かな? 
でも、100名山ブーム以前の山歩きを知る身としては、まだ引退は出来ないなあ。
最近、別件で気になる事が出てきたので。
その内、MINMINさんのご意見も聞きたいと思っています。 (謎)
2009/09/27(日) 17:21:14 | URL | REI #Q0/G/4Qc [Edit
>流行から入っても続ける人は続ける。止める人は私みたいに、飽きて辞めちゃう。
「PEAKS」なんて酷いけど、ZAPさんが以前書いておられた様に、自然に淘汰されるのではないでしょうか。

ほんと、REIさんは時代の先見を見る目がありますね! ランニング、自転車、トレランも何れも人の何歩も先いく取り入れ方でしたものね。

私はトレランはあくまでも山登りの一環なので、じぇんじぇん山を走れません。少し走ったら、全治一週間ほどの筋肉痛でまさに、○寄りの冷や水?今度完走できたら、即刻辞めます(苦笑)自転車もランのために乗ってませんが、なかなか自分の環境と遊びやすい環境、トレーニング効果・・・、いろいろ考えるとどれが楽しくて効率的なのか。 

やっぱり、本当にいいものは続けて行く、残っていくというのもホントですね。PEAKSの雑誌、この間立ち読みで初めてみましたが、ほんと酷いもんですね。自然淘汰を私も待ちます。
2009/09/26(土) 21:56:39 | URL | MINMIN #195Lvy4Y [Edit
丹沢お疲れ様でした
奥多摩で無く丹沢でしたか。
確かに丹沢の方が、標高差が大きいですものね。

まあ、危ない人はどこにでもいますからね。
MINMINさんもご存知の富士見山荘事件、
私は事件の1ヶ月前に犯人に会っていますから、無警戒で良いとは思ってはいません。
そもそも、女性の単独なんてとんでもないという人は多いですし、鉈まで用意する女性記者がいる位ですから、世間的には単独女性の方が危惧視されているかもしれないです。

私がスパッツとショートパンツを始めた頃、そんなかっこで歩くのかと言われました。 今では当たり前ですね。 (年の為、私は往復では長ズボンで、山姿で交通機関には乗りません。)
その後、スパッツが社会性を得ると、丈の長いTシャツにスパッツ姿の小母様、小父様が出現しました。
これは山姿としては廃れましたね。 メデタシ、メデタシ。
(ランナーはまだいますけど)

今は異様に見えても、機能性が認められ、見慣れれば定着するでしょう。 また、流行だけで穿いているなら、廃れますよ。

流行に関しては、そんなものだと思います。
ランニングも自転車もトレランも流行と関係無く初めて、流行前に止めてしまった私から見ると、
今のマラソン人気やトレラン、自転車流行は不思議な現象です。
自転車なんか、街中一寸走るだけで、なんであんなにかっこを決めているのか? 50km位ならママチャリで普通の服装で走っても、何の不具合も無いと思いますけどねえ。
だいたい、大した距離でないのに、ドロップハンドルやら細いタイヤは走り難いだけ。
MTBにいたっては、摩擦が大き過ぎて、ロードの長距離には向いて無い。

ランニングも何で東京マラソンばかり人気があるのか判らない。
地元や地方の良い大会、個性のある大会は山ほどあるのに。
今は日程は変更になりましたが、1回目は青梅マラソンと同日だったんですよ! 歴史ある青梅マラソンなのに!

でも、良いと思いますよ。
流行から入っても続ける人は続ける。
止める人は私みたいに、飽きて辞めちゃう。
「PEAKS」なんて酷いけど、ZAPさんが以前書いておられた様に、
自然に淘汰されるのではないでしょうか。
(意味が違うかな)
事故に繋がらなければ、良いのではないかと、
私は思います。




2009/09/24(木) 19:23:54 | URL | REI #Q0/G/4Qc [Edit
確かに外国に住んでいらしゃったので、私とは感性が違うかもしれませんね。私はとっても洋服に関しては保守的なんで・・・・。でも、世の中の男性の中には、私の中身がどこにあるかもわからないぐらいモコモコのスキー用のオーバーパンツで山スキーで登っていても、なぜかお尻ばっかり動画でとるおっさんがいたにはびっくりです! その人は、仲間からも変態って呼ばれているぐらいで、H系のことが大好きな変態さんです。

もちろんそういう煩悩とは別に、一応普通には表面上は行動してますが。少なくともそういう煩悩を持った方達も山にはいますので、刺激しないように山では行動しておいた方が無難だなあって。

昨日、山でお会いお嬢さんは丈がかなり短いのでもしかして、ランニング用の流用か?ものすごくコーディネート自体は決まってたけど、暑そうなお洒落な毛糸の帽子をかぶってました。恐らく、山の雑誌やトレランをあおっている業界自体が、高齢化社会に危機感を持っているのでは? 若い層が山に来なくなれば、山小屋は廃業、山道具店はつぶれるしかないですから。どんな流行であれ、山に親しみを持ってまずは入門してくれる人を集める作戦なのかな?って個人的に思うようにしてます。

ちなみに、へそまがりな私は、歩きトレは奥多摩でなくて別の場所に出没でした。
2009/09/22(火) 22:07:48 | URL | MINMIN #195Lvy4Y [Edit
感性
MINMINさん、一寸続けます。

服装の件ですが、昔ヨーロッパではスキー場で肌を出してる美女とか、夏は街中の公園で上は水着のブラとか、肌を出している人を結構見ました。
ドイツ語講座の女性の先生は、スケスケのレースのブラでしたし、パ・パンツ見える?!ってほど、平気でスカートの裾を持ち上げたりしました。
南欧から来た女の子は、腋は処理してないで全く平気。
ペンションの椅子に座っているオバちゃん達は、お肉が盛大にはみ出したビキニ着てたりします。
そんなのを見てきたので、私の感性は少しズレちゃってるかもしれません。
その上、年を取るほど人目が気にならなくなり、本当に若い頃に比べると、生き易くなりました。
若い頃は人目が気になって苦しかった。

以前も書きましたが、下着のパンツだしてシャツ直しているおじさん達よりは、スカート派の女子の方がましだとおもうんですよねえ。 ダメですかねえ・・・。

当然、おじさんの白のブリーフ見せられても、欲情を感じた事は一切ありませんけどねえ。
あ、これは当たり前か。 ちょっとワルフザケでした。 
2009/09/22(火) 21:34:29 | URL | REI #Q0/G/4Qc [Edit
スカート派
天気、ダメでしたか。 残念!  トレーニングにはなりましたよね。

某所でのスカート論争を読みました。
私もスカートのお嬢さんに会いました。
互いにエールの交換をしましたが、アウトドア用とランスカは丈が違う様に思います。
少なくとも、某所の管理人さんが言っているような、機能的な不都合は無いです。 (寒さ等はスカートの問題では無い。)
見た目の印象は個人差でしょうね。
私みたいなオバサンは、「気持ち悪い」と言われますが、
若くてスタイルの良い女子のランスカは、私は美しいと思います。
私から見ると、あれで欲情しちゃう人は、電車でパンツ丸見えで座ってる女子高生とか見たら、即犯罪者になるのではと、逆に心配です。
でも、女子は流行で穿いている様ですから、いずれ廃れますよ。 それまでHな男性諸氏が犯罪者にならないよう、自己抑制出来る事を願いますね。 

ところで、私、高尾辺りをモンペで歩いてみたいと思ってます。 (足は運動靴ね) だめかなあ・・。 って、持ってないけど。

棒ノ折は私も何十年振りでした。 もっと山頂が広い記憶がありました。 縦走路は初めてでしたが、昔はメジャーではなかったと思います。今は良い道で、10月末から11月頃が良さそうです。
高橋さんというTTLで亡くなった方の碑がありました。
もう少しで見通しの良い尾根に出られるのに、植林の中で気の毒です。 
せめて碑だけは明るい所に建てて上げられなかったのかなあ。 

トレランは無理をしてはいけませんね。 (高橋さんが無理をしていたという意味ではありませんが)


2009/09/22(火) 21:11:45 | URL | REI #Q0/G/4Qc [Edit
一日違いで素晴らしいお天気、羨ましい限りです。
わたしゃ・・・・展望ゼロのまるでトレーニング?山行でした。

高校生の頃に高水三山、それと棒の折山への縦走もいきましたので、すっごく懐かしいです。当時は棒の折山への縦走はややマイナーで道も少し荒れているような感じでした。それと、昨日山で、初めてタイツ&ミニスカの組み合わせを見ました。テニスのスコートと同じ短さなので、やっぱりあれは女性の私でもドキドキ、男性ならばH心?な気分になりそうですが。丈がREIさんご推奨のように長ければそういう気分にならないでしょうけど。(苦笑)
2009/09/22(火) 20:53:07 | URL | MINMIN #195Lvy4Y [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © REI auf der Erde All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。