スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怠け者の登山

2009.08.17 *Mon
ゆっくり家を出て行ける山は高尾山とここ。
RIMG1235.jpg という訳で今年も登ってきました。

8月16日-17日 (日-月) 晴れ 富士山

吉田口五合目21:30 - 6合目22:00 - 7合目23:00-05 - 白雲荘01:20-30 - 本八合目02:25 -山頂 4:25-5:25 - 須走り口5合目8:28

去年は昼間登って時間切れで本八合目から下山。
夜間登山なら家をゆっくる出れば良いので、月曜日午前中を臨時休業として、富士山で御来光を見てきました。 富士山山頂で御来光を見るのは初めて。
下山に使った須走り口も初めて。 砂走り、大変でした。 

高度が苦手な私には富士山はなかなか大変な山です。
でも夏の吉田口は夜間登山者が非常に多く、山小屋も一晩中開いているので、安心して登れます。
ただ、5合目は雲上閣しか開いてない。 ここで準備を済ませ、出発。
気温も15度位だったので、長袖1枚で歩き始める。 日本人は殆ど雨具着てます。
沢山いる外人は半袖に半ズボンも。
今回は山頂で御来光が目的なので、「薬」を大量投入。 
まず高度対応で「求心」倍量。 効く気がする。
また私の高度障害の一つが眠気なので、錠剤のカフェイン倍量。
うーん、ちょっと危ない? 
でもお陰?で、本八合目まではゆっくりのイーブンペースながら、略コースタイム。
7合目で上着と帽子で寒さ対策。 白雲閣ではバテバテでちょっと長めの休憩。 気温7度。
でも風もあるので、寒かった。
問題はここから上。 いやー、富士山の登山人口が凄いとは聞いていましたが、
凄い! 頂上まで列。 進まない! 一寸歩いては止まる。
右側がexpressレーンなのですが、こちらもすぐ止まる。 ここが一番辛かった。
実は、裏技があったのです。 8合目から下山道を登るのです。
須走り口から登った人は、下山道を登っていました。 
そちらもライトの列ですが、広いので確実に進んでいます。 

どうにか、御来光には間に合いました。 RIMG1208.jpg

さて、時間が無いのでさっさと下山。 吉田口と須走り口の分岐で冬服から夏服にチェーンジ。
が、日焼け止め塗るのを忘れました。 
良くTV等で見る砂走り。 わしゃ走れん!
 RIMG1231.jpg 判り難いですが、下の方に砂埃が立っています。
ここで何十人に抜かれたか。 でも何時もの事ですが休まないので、半分位は抜き返しましたけど。
あの恐ろしいザレザレ、苦手です。 ちょっとだけ面白いけど。
トレラン靴なので、靴の中は砂だらけ。 靴下も足も細かい黒い砂でザラザラでした。
靴底のボコボコも大分平に潰れてて、もう使えないかも。

ところで、私、バスの時間を30分間違えて覚えていて、須走り口に着いたら、御茶屋さんのお兄さんがバスは2分で出るから、次ぎのバスのして休んでいって下さいと客引き。
えっ、9時のバスは無い! ぎゃー、次ぎのバスじゃ仕事に間に合わない!
お兄さん、わざわざバスに待ってくれる様に走って行ってくれました。
それなのに、あわてて何も買わずに走って後を追ってしまいました。
次回も須走り口に下山して、ゆっくり休憩させてもらいますね。

という訳で、まだ薬が効いているようで、一睡もしてないのに眠くないです。
薬は怖いですねえ。


CATEGORY : 山歩き
COMMENT (12)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

ダイアモクス?
Nicethamidum
釋護法さん、ところで下のアセタゾラミドはダイアモクスの事ではないでしょうか?
グリコラミンとは成分が異なる様ですが。
以下がグリコラミンの成分です。

125 mg
Glucosum monohydricum
600 mg
ut Glucosum liquidum
Saccharum (H)
1112 mg

何だかさっぱり判りませんが、グルコースが一番多いみたいです。
2009/08/25(火) 18:51:41 | URL | REI #Q0/G/4Qc [Edit
グリコラミン
釋護法さん、グリコラミンで検索すると釋護法さんのサイトにヒットしますね。
釋護法のサイトが一番詳しく書かれています。
私もドイツ語のサイトで検索してみましたが、同じ様にドーピングの記事にひっかかりました。
その他は、薬の説明サイトみたいなのですが、成分等は専門用語で判りませんでし。
グリコースがメインの様ですね。 novaritisという日本でも聞いた事のある製薬会社が作っていて、
16歳以下や妊婦は使用禁止。 薬効は高山病対策は書いてなく、効果的エネルギー利用(日本語でどう訳して良いのか? 主成分がグリコースですから、そういう事だと思います。)。
エネルギー代謝(そんな言葉があるのか)が良くなり、結果的に呼吸促進になるのでしょうか。
スイス旅行をした方々では、良く使われているみたいです。

MINMINさん、多分同じ物だと思います。
私が最初にこの飴の事を目にしたのは、MINMINさんのサイトだったと思います。
数年前にスイスから買ってきてもらい、富士山で試したのですが、効いた様な、変わりがなかった様な、という程度でした。 
富士山で高度障害が出ない人=MINMINさんには不要なんじゃないでしょうか?
それ以上ならやはりダイアモクスなのかな?
利尿剤だから女性には主作用が問題になりますよねえ?

家にあるグリコラミン、説明と消費期限を確認しなくちゃ。 毎日忘れてる・・・。
2009/08/25(火) 18:33:55 | URL | REI #- [Edit
あのオレンジの飴がそんなに素晴らしい機能を持っていたとはびっくりでした! ガイドさんから山登りの合間に2回ぐらいもらったような覚えがあります。効果は?? 4000m位ならば私の場合は息がはあはあするだけで、短い時間ならば高山病って感じにはならないので実感が・・・・。
スイスに旅行する人に私も今度頼もうかな。
2009/08/24(月) 23:24:27 | URL | MINMIN #195Lvy4Y [Edit
グリコラミン
スイスに行った時にドラグストアで購入しました。
その後はスイスの山に行く人に頼んで購入してもらったりもしました。

スイスのホームページで調べるとスノボーなどの競技での使用についてドーピング絡みの注意とか子供への注意などが出ていました。
2009/08/24(月) 22:37:00 | URL | 釋護法 #PY9qpgMQ [Edit
グリコラミン
釋護法さん、詳細をありがとうございます。
スイスだとオレンジ味の飴みたいな商品ですよね。
日本でも売っているのですか? 同じ商品なのかなあ?

利尿剤とすると、ダイアモクスと同じ様な作用な訳ですね。
以前「山での病死(突然死)」の講演会では、海外の遠征隊では、最近はダイアモクス等の利尿剤は、効き目が切れた時に高山病が重症化するので、使わない様になってきていると聞いた気がします。
でも、やっぱり日本人は予防的に使うようです。
白人と我々アジア人種は、体力的条件が違いますからね。

で、グリコラミンは医学的にも効くという事ですね。
しかもダイアモクス等程に強力ではない様なので、私にはピッタリかもしれません。
さてはて、家にあるのは、賞味期限はどうだったかなあ・・・。
2009/08/21(金) 14:56:30 | URL | REI #Q0/G/4Qc [Edit
グリコラミン
グリコラミンで知り合いのお医者さんに調べてもらったときの話です・・ご参考までに。

この薬剤の一般名はacetazolamide(アセタゾラミド)であることが分かりました。
この薬品は利尿薬で、尿細管上皮細胞中にある炭酸脱水酵素を阻害することにより、Naの尿中排出を促進して利尿作用を示します。・・・現在はもっと優れた利尿薬が開発されています。・・・
この薬剤の利尿作用について40年前に臨床報告をしたことがあります。この薬剤には利尿作用の他に、尿の酸性化作用があり、呼吸性酸血症を改善する作用があります。恐らく、高山病の場合には血液中の炭酸ガスが増加し、酸血症が起こるので、これを改善して有効に働くのではないかと考えられます。
この薬剤は、わが国でも市販されていますが、一般の薬局にはおいていないと思います。
2009/08/20(木) 20:58:26 | URL | 釋護法 #PY9qpgMQ [Edit
花火!
クレソン坊やさん、今晩は。
何時もクレソン坊やさんが眺めている富士山に登ってきました。 私は4回目ですが、山頂はまだ2回目。 勝率5割。
山頂回数は同じです。 (苦笑)
河口湖の花火の日! 来年は狙ってみようかな。
一度だけ飛行機の上から花火が見えました。
富士山からも見てみたい。

吉田口=河口湖口です。 その他に今回下山に使った須走り口、御殿場口、富士宮口があるそうです。
夜登るとすると人が多く、山小屋が多い所=吉田口になってしまうのですが、富士宮口も登ってみたいですね。
というか、本来は1合目からなんでしょうけど・・。

富士山は山に登ると、ついつい探してしまいますね。
見えると嬉しい。 関東の人間には当たり前の事ですが、
他の地域からの登山者にはもっと嬉しいらしいです。
そんな富士山を毎日眺めているクレソン坊やさんは、幸運な方ですね。
2009/08/18(火) 21:38:09 | URL | REI #Q0/G/4Qc [Edit
5000m!
釋護法さん、今晩は!
世界を廻っていらっしゃる釋護法さんは、5,000m経験者ですか! 
グリコラミンで5,000mも大丈夫ですか?
以前、釋護法さんの記事で拝見し(多分)、知り合いの旅行会社の人に頼んで入手しました。 スイスでしか売ってないとか。その人は効かないよと言っていました。
求心は山と広告誌のCMで試してみる気になりました。
どちらも、藁にもすがりたい私には効く気がします。
求心は高度障害は謳って無いですが、心肺能力は高めてくれるに違いないと、鰯の頭も信心から・・・、なんちゃって。

計画的に用意し朝早く出るというのが苦手で、朝は遅く起きても行ける山は、怠け者向けという訳です。
2009/08/18(火) 21:28:40 | URL | REI #Q0/G/4Qc [Edit
富士山ですか。
山に登るとまず最初に気になる山ですが、実は登ったのは2回だけです。最初が富士宮口、そして二回目が河口湖から。しかし、二回目がものすごく印象深かったのです。河口湖の花火大会があり、上を向くことなく下を見て花火の大輪を見たのがこのときが最初で最後。非常に印象深かったです。
REIさんのルートでも登ってみたくなりました。
2009/08/18(火) 21:15:01 | URL | クレソン坊や #- [Edit
凄いですね
とてもタイトルの「怠け者の登山」とは思えない、やる気満々(笑)。
長女の婿殿は毎年日帰り富士をやっているようですが、私達は富士山にいまだ行ったことありません。たぶん行かないまま終わりそう。
ところで、高度障害に球心、眠気防止+活力増強にカフェインですか。球心って効果ありますか?
私達は3000m以上。5000mくらいまでしか経験ないですが、グリコラミンを利用しています。
2009/08/18(火) 18:22:16 | URL | 釋護法 #PY9qpgMQ [Edit
渋滞のち晴れ
MINMINさんも夜登られたんですね。
昼間登られた記録はメチャクチャ早いですよね。
富士登山自体は昼間の方が楽しいと思います。
今回は御来光時の山頂の様子や寒さを体験してみたかったのですが、30分も待たないで御来光だったので、中途半端な感じでした。 それでも間に合っただけまだラッキーだったという事ですか。 御来光渋滞ってこんなに凄いのに驚き!

本は柏木さんのですね。
以前、山での突然死に関しての講演会に行き、doblogにはその事を書きましたが、覚えていらっしゃいますか?
その資料を探しているのですが、出てきたらそちらのブログに感想を書かせて頂きます。
AGの件は、近藤さんが直接説明していました。

カフェインの錠剤はたまに使います。 普通は使用量の半分程度。 
夜間登山で何回か使いましたが、使用しないと半分寝て歩く状態なので(一人ですから)、使った方が安全かも。
富士山では今回も7合目から気が付くとあれ?って感じで眠気に襲われたので、結局倍量摂取になりました。
カフェイン中毒の心配はありますが、私の体重だと倍量摂取してもギリギリ大丈夫かな。 カフェインは運動能力も高めるので、ドーピング的には×でしょうが、私的には高山対策に有効です。
求心は成分が判らないので、併用は少し心配でしたが、結果オーライでした。
漢方も劇薬成分あったりするから、気をつけます。
これにアミノ酸。 高山対策の三種の神器です。
2009/08/18(火) 15:03:39 | URL | REI #Q0/G/4Qc [Edit
おお!
富士山でご来光、それもちゃんと太陽の形が見えているから当たりですね!
私は夜に登った2回とも大渋滞で全く間に合わず。
今ではご来光を朝望むことは考えなくなってしまいました。本当は1度ぐらいはちゃんと拝みたいですが。

高山病がREIさんは結構出る傾向というけど、薬効果で今回は無事登頂ですね。あまり無理をしないといいけど、今回は怖い本を読んだばかりなので、ちょっと・・・・。
2009/08/17(月) 21:20:35 | URL | MINMIN #195Lvy4Y [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © REI auf der Erde All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。