This Archive : 2009年10月19日

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畦ヶ丸

2009.10.19 *Mon
2009年10月18日 (日) 

西丹沢 畦ヶ丸1,292.6m

西丹沢自然教室 10:30 - 善六ノタワ12:15-20 -畦ヶ丸山頂13:20 - 避難小屋13:30-50 - 大滝峠上14:35 - 一軒屋避難小屋15:15-20 - 大滝橋バス停16:10

月1回の日曜休日。 天気も良く西丹沢の畦ヶ丸に行ってきました。
畦ヶ丸は数年前の5月に体調不良で撤退した山。 山頂目指して登れなかった唯一の山なので、やっとリベンジしてきました。 でもきつかった。 

西丹沢自然教室はバスが着くと職員の方が迎えてくれて、山に付いても色々と教えてくれます。
トイレや登山道の最新情報があり、登山の準備をするのに最適の場所です。
ただ外に水場が無かったので、中の職員用の水道を使わせてくれました。

さて、登山届けを出して出発。 桧洞丸へとは反対側の橋を渡って、川原を行きます。
RIMG1792.jpg RIMG1793.jpg
橋を渡って振り返る         広い川原で、ブナ立尾根への登山道と似た感じ
 
1時間弱、何度も沢を渡って川原を行きますが、岩と砂の登山道は足跡が錯綜し、標識は比較的沢山ありますが、道を間違えない様に神経を使う歩き難い登山道で結構疲れる。
やっと登山道が尾根に乗ると、急な登りが続きますが道は良く整備され、途中には休憩台もあり、じっくり登り着くのが善六ノタワ。
RIMG1798.jpg RIMG1801.jpg
景色が開けた休憩台           標高1,000m位から紅葉も始まる

RIMG1800.jpg  RIMG1802.jpg
善六ノタワの少し先の休憩台で休憩。 一回大きく下ってから、ブナ林の中をゆるゆると気持ちの良い登山道を登って行きます。
丹沢は急で荒れた登山道が多いという印象ですが、急な所は丹沢に多い写真の様な梯子や階段で整備され、急な登りが多い山ですが難しい所の無い歩き易い山でした。

RIMG1805.jpg     RIMG1807.jpg
ブナ林の気持ちの良い登山道 

何度が小さなアップダウンがあり、最後は畦ヶ丸山頂への急登。
トレーニングをサボっている鈍った体は、肺も足も悲鳴を上げる。 ここで10人程のグループが下ってくるが、苦しくて挨拶意外言葉が出ない。 無愛想で失礼致しました。
やっと登りついた山頂は展望が無い。 10分程下った避難小屋でお昼。
RIMG1809.jpg  RIMG1811.jpg 薪ストーブ
ここが山頂? 展望は無し        避難小屋は居心地が良さそう。

ここで淺川から登って来たという男性と会う。 登山口が8:30で、避難小屋が13:30。
速い! 下山は西丹沢という事でしたが、帰りのバスでは見かけなかったので、白石峠まで行ったのかもしれません。

避難小屋からは一旦急だけれど階段状で歩き易い下りの後は、再びゆるゆると気持ちの良い下りが続きます。 こちら側の登山道は荒れた丹沢の登山道のイメージと違い、岩も無い黒土の登山道でとても歩き易い。 
RIMG1814.jpg   RIMG1819.jpg
紅葉が綺麗!               藤?が絡み付いて一体化した木。 苦しい?

大滝峠上(峠はどこ?)からは山腹の道をジグザグに下ります。 峠上まで高度が250m位しか下がらなかったので、さぞかし急な下りが待っているだろうと思っていたのですが、ジグザクでザレてもおらず、奥多摩の登山道より余程下り易い。
20分程下ると沢に出る。 ここから一軒屋避難小屋までがまた川原の判り難い道。
テープが少なく何度か間違った足跡を追ってしまうが、直ぐに行き止まりで一寸戻って登山道を確認。
GPSを持って行ったので心配は有りませんでしたが、暗くなったらかなり危ない道ですね。

RIMG1828.jpg 小屋の中はこんな。

小屋からは沢を離れて山腹の登山道をドンドン下り、最後は林道を15分程でバス停。
5時過ぎのバスを予定していたのですが、1本前の4時27分のバスに乗れて、
今回はお日様と競う事も無く終わりました。

今回は直前に脹脛を痛めていたので心配だったのと、久しく履いていない登山靴(最近殆どモントレイルのトレランシューズ)を使う目的で、ハイカットの登山靴を使いました。
ローカットシューズだと1時間もしない登りで脹脛がパンパンになってしまうのですが、
ハイカット登山靴の今回は、心配だった脹脛は全く問題無し。
靴に拠っていかに登り方(足の筋肉の使い方)が違うかという事ですね。
ローカットの場合は意識して腿を使う様にしても、脹脛で蹴りを入れる登り方になっているのでしょう。
ソールの硬い登山靴だとそれは出来ないので、自然に腿を上げた登りになる。
その分、トレーニング不足の鈍った足は、大腿四等筋が登りで既にプルプルしてました。
幸いに下りがとても歩き易い道だったので、筋肉痛にもならず済みましたが、
暑さと疲れで胃の調子が悪くなりました。 
と言っても夕食も食後のお八つもしっかり食べたんですけどね。



    







スポンサーサイト
CATEGORY : 山歩き
THEME : 登山・ハイキング
GENRE : 旅行
COMMENT (18)  TRACKBACK (0) 


Copyright © REI auf der Erde All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。