This Archive : 2009年08月17日

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怠け者の登山

2009.08.17 *Mon
ゆっくり家を出て行ける山は高尾山とここ。
RIMG1235.jpg という訳で今年も登ってきました。

8月16日-17日 (日-月) 晴れ 富士山

吉田口五合目21:30 - 6合目22:00 - 7合目23:00-05 - 白雲荘01:20-30 - 本八合目02:25 -山頂 4:25-5:25 - 須走り口5合目8:28

去年は昼間登って時間切れで本八合目から下山。
夜間登山なら家をゆっくる出れば良いので、月曜日午前中を臨時休業として、富士山で御来光を見てきました。 富士山山頂で御来光を見るのは初めて。
下山に使った須走り口も初めて。 砂走り、大変でした。 

高度が苦手な私には富士山はなかなか大変な山です。
でも夏の吉田口は夜間登山者が非常に多く、山小屋も一晩中開いているので、安心して登れます。
ただ、5合目は雲上閣しか開いてない。 ここで準備を済ませ、出発。
気温も15度位だったので、長袖1枚で歩き始める。 日本人は殆ど雨具着てます。
沢山いる外人は半袖に半ズボンも。
今回は山頂で御来光が目的なので、「薬」を大量投入。 
まず高度対応で「求心」倍量。 効く気がする。
また私の高度障害の一つが眠気なので、錠剤のカフェイン倍量。
うーん、ちょっと危ない? 
でもお陰?で、本八合目まではゆっくりのイーブンペースながら、略コースタイム。
7合目で上着と帽子で寒さ対策。 白雲閣ではバテバテでちょっと長めの休憩。 気温7度。
でも風もあるので、寒かった。
問題はここから上。 いやー、富士山の登山人口が凄いとは聞いていましたが、
凄い! 頂上まで列。 進まない! 一寸歩いては止まる。
右側がexpressレーンなのですが、こちらもすぐ止まる。 ここが一番辛かった。
実は、裏技があったのです。 8合目から下山道を登るのです。
須走り口から登った人は、下山道を登っていました。 
そちらもライトの列ですが、広いので確実に進んでいます。 

どうにか、御来光には間に合いました。 RIMG1208.jpg

さて、時間が無いのでさっさと下山。 吉田口と須走り口の分岐で冬服から夏服にチェーンジ。
が、日焼け止め塗るのを忘れました。 
良くTV等で見る砂走り。 わしゃ走れん!
 RIMG1231.jpg 判り難いですが、下の方に砂埃が立っています。
ここで何十人に抜かれたか。 でも何時もの事ですが休まないので、半分位は抜き返しましたけど。
あの恐ろしいザレザレ、苦手です。 ちょっとだけ面白いけど。
トレラン靴なので、靴の中は砂だらけ。 靴下も足も細かい黒い砂でザラザラでした。
靴底のボコボコも大分平に潰れてて、もう使えないかも。

ところで、私、バスの時間を30分間違えて覚えていて、須走り口に着いたら、御茶屋さんのお兄さんがバスは2分で出るから、次ぎのバスのして休んでいって下さいと客引き。
えっ、9時のバスは無い! ぎゃー、次ぎのバスじゃ仕事に間に合わない!
お兄さん、わざわざバスに待ってくれる様に走って行ってくれました。
それなのに、あわてて何も買わずに走って後を追ってしまいました。
次回も須走り口に下山して、ゆっくり休憩させてもらいますね。

という訳で、まだ薬が効いているようで、一睡もしてないのに眠くないです。
薬は怖いですねえ。


スポンサーサイト
CATEGORY : 山歩き
COMMENT (12)  TRACKBACK (0) 


Copyright © REI auf der Erde All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。