This Archive : 2009年04月20日

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御前山 - 狛犬さんを訪ねて

2009.04.20 *Mon

4月19日(日) [E:sun]

SA3A0365.jpg 月一回の日曜休日、別の場所を計画したのですが、まだバス運行前だったので、
新緑と狛犬さんを求めて、奥多摩御前山に行ってきました。
この時季の奥多摩は「美しい」の一言です。

奥多摩湖10:25 - 清八新道登山口11:05 - 小河内峠12:25 - 御前山13:35-50 - 湯久保尾根 - 小沢バス停16:20(御前神社登り返し含む)

昔、新緑の時期に下って体が緑に染まるかと思うほど綺麗だった、小河内峠を通る御前山への道は、数年前まで湖畔の道が落石?で通行禁止でしたが(実際は皆通っていた様ですが)、南岸歩道として整備されていたので、このルートで湯久保集落の狛犬さんに会いに行く事にしました。
が、電車に乗ったら
[E:weep]「あっ、カメラの電池、充電してて忘れた・・」 という訳で写真は携帯。
おまけに、携帯は充電してなくて、肝心の狛犬さんの前で電池切れ!![E:crying] [E:crying]

まあ、仕方無いです。 充分に御前山の春を味わったので。
それにして、御前山はカタクリ目当ての登山者が多いです。 
中高年や若者、色々な年代の、山登りなど殆どしない様なグループが多く、
ちょっと角田山と似たハイカー構成でした。

今回はこんな子達に会いました。 犬好きな私には[E:happy01][E:lovely][E:happy01]
Sa3a0391 Sa3a0411

白ラブ君とは抜きつ抜かれつ。
黒ラブ君とは惣岳山で出会いました。
2匹ともお利口さん。

湯久保尾根も昔下った事があるのですが、その時は多分宮ヶ谷戸へ下った様で、神社の記憶がありませんでした。
湯久保尾根は恐らく御前山の登山道としては、長いですが一番穏やかな登山道で、上部にはカタクリがチラホラ。 場所によっては御前山頂西側より多い位。
今回はいっきさんに教えて頂いた様に、湯久保集落へ向かって下ったのですが、集落の一番上の家まで下っても狛犬さんを見かけなかったので、その家で訊ねると、途中にあった御前神社鳥居の奥の祠だと教えられ、[E:coldsweats02]。
鳥居の前で頭を下げたのですが、後ろに聳える立派な石(仏岩?)が御神体と思ったので、覗かないで通り過ぎてしまったのです。[E:weep]
ご主人のアドバイスに従い、荷物を置いて登り返し、狛犬さんにお会いしました。
写真はありませんが、大岳の狛犬さんに似た古そうな狛犬さんと、前に小型の狛犬さん四体。 湯久保集落で祭っているのでしょうか。 とても良い狛犬さん達でした。
そして、湯久保の集落がまたとても良い山村で、長い舗装道路でしたが、途中に昭和40年代の集落の写真が飾ってあり、家々の庭の花や山肌の新緑と愛でながら、ゆっくりと楽しい下りでした。

ところで、その昔の写真に臼杵山を集落越しに望む写真が数枚あったのですが、臼杵山と言えば、同じく狼型の狛犬ご隠居様のいる所。
狛犬さん自体は時代も形式も違う様ですが、何か不思議ですね。

Sa3a0368 Sa3a0404
Sa3a0405 Sa3a0406

Sa3a0413 Sa3a0414

スポンサーサイト
CATEGORY : 山歩き
COMMENT (12) 


Copyright © REI auf der Erde All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。