This Archive : 2009年04月11日

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角田山へ

2009.04.11 *Sat

Rimg0302 角田山は数年来行ってみたかったのですが、交通費がかかるのでツアーを利用しようかと迷っていた山でした。
ところが、某巨大掲示板で青春18きっぷでムーンライトえちごを使って、夜行日帰りに行ったという書き込みを見て、ほぼ思い付きで行って来たのでした。

ムーンライトえちごは以前は新発田まで行っていた列車で、普通乗車券で乗れる夜行列車でしたが、今年3月のダイヤ改正で廃止になってと聞いていました。
ところが、季節列車で復活していたのですね。
幸いに指定席はけっこう空いていて、女性専用車両があり半分程度の乗客で、ゆっくり二席使って寝て行けました。 Rimg0301_2

ムーンライトえちごは新宿始発です。 5番ホーム・・・・ [E:coldsweats01]
そうです、数年前に裏銀座に行った時に、半泣きで駆け込んだホーム。(人身事故の影響で、大変なおもいをして新宿にギリギリに着いて、新宿駅の中をドタドタ走ってホームに駆け上がったら、電車が出て行ったのでした・・・が、それは回送電車で夜行急行アルプス?も1時間送れの発車だったのですが)
この電車は普通電車ですから、青春18切符でも指定券510円で席が取れれば乗れるのです。 今回は青春18きっぷの販売時期を過ぎていましたので、普通に乗車券をかいましたが、18きっぷがつかえれば、日付が変わる高崎までの切符と18きっぷ1日で、格安に新潟まで行ける事になります。

角田山の最寄の駅は巻駅で、上越線からだと東三条で乗り換えになりますが、それだとさらに吉田で乗り換えなければならず、しかも夜行だと早く着き過ぎて駅で2時間近く始発を待たなければなりません。 終点の新潟まで行けば駅前のファミレスが5時から開いている事が判っていたのと、新潟からなら乗り換え無しなので、むしろ早く巻に着けるので、余分に運賃がかかりますが、新潟まで行く事にしました。 (青春18きっぷなら絶対新潟乗換えです。)
ところで、夜行の中でふっと気が付いたのですが、
高速バスがあるじゃん! [E:coldsweats02] そうなんです、青春18きっぷが無いなら、高速バスを利用しても同じなんです。 愚か者の知恵は後から廻る・・・。
そんな訳で、新潟駅前の高速バス乗り場で時間や金額を確認。
その後駅前のファミレスロイヤルホストに向かうと、
あれれ、閉まってる。 なんと、8日だけ清掃の為、10時開店とか・・。[E:weep]
駅前を歩き回ったら、牛丼屋さんが3軒もありました。 
米国産牛肉固執牛丼屋にはごめんなので、他の店を覗くとだーれも居ないけど、
朝食定食350円位。 凄いですねえ、日本は!
Sa3a0357_2 350円でご飯、味噌汁、サラダ付きハムエッグに牛丼の小鉢まで付いてくるのです。

結局、ここでしっかり食べておいたのが良かったのです。
昼を角田山の山頂で食べるつもりが、桜尾根の途中で拾われて弥彦山の幻の花の谷に連れて行っていただいたので、お昼を食べ損ねてしまったのです。
でも、朝定食をしっかり完食していたので、エネルギー切れは無し! [E:happy01]

巻駅から各登山口までは、花の時期は土日なら周回バスが出ていますが路線バスは無ので、平日や時季外れはタクシー利用になります。
駅前にタクシーは数台いるそうですが、全部出払っていて私は10分以上待ちました。
朝早くや人数がいる場合は、予約をした方が良いそうです。
私の入った五ヶ峠登山口は一番標高が高く(それでも150m程度ですが)、林道を奥まで入るので、タクシー代は2,300円位でした。
人気コース桜尾根は3千円強になるそうです。
自家用車利用の場合は、桜尾根と灯台コースは同じ駐車場を使えますので、桜尾根を登り、灯台コースを下るコース取りが一番多いようです。

Rimg0308 五ヶ峠登山口には大きな駐車場、休憩小屋、トイレがありますが、水場は無い様です。
登り始めるとすぐ、斜面にはミスミソウやカタクリが咲いていましたが、ミスミソウは植えたものと後で聞きました。Rimg0319
 

続く

スポンサーサイト
CATEGORY : 山歩き
COMMENT (6) 


Copyright © REI auf der Erde All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。